まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガセでもいっぷく・・・。

溶血性尿毒症、乳幼児が過半数
8月28日19時43分配信 医療介護CBニュース

 国立感染症研究所感染症情報センターの集計(速報値)によると、年明け以降、8月17日までに全国から報告があった腸管出血性大腸菌感染症による溶血性尿毒症症候群(HUS)の併発事例は36件に上った。特に0-4歳の乳幼児の発症が過半数を占めており、同センターでは注意を呼び掛けている。

 同センターではこれまで、腸管出血性大腸菌感染症の合併症のうち、最も深刻とされるHUS単独の報告件数の集計は行ってこなかったが、「例年に比べてかなり多い印象だ」と話している。
 年齢別では、「0-4歳」20件、「5-9歳」8件、「10-14歳」5件、「15歳以上」3件の順で、0-4歳が過半数を占めている。HUSを併発したケースは、1件を除くすべてがO157によるものだった。

 また、36件のうち9件では生肉や生レバー、生せんまい(牛の胃)が感染源と推定されており、同センターでは小さな子どもに生肉を与えないよう呼び掛けている。

 腸管出血性大腸菌の感染は例年、夏から秋にかけてピークを迎える。今年は、8月17日までに2310人の患者の報告がある。
 特に抵抗力の弱いお年寄りや乳幼児などは、HUSやそれに伴う脳症の併発、基礎疾患の悪化などで重症化しやすい。今月には、HUS併発による基礎疾患の悪化で死亡したケースの報告もある。


うーむ・・・引用記事内容を翼々吟味しなければ、何の事やら分からなくなります。抑、腸管出血性大腸菌感染症とは何ぞやで終始するものと思われます。O157の事です。赤痢菌の毒素を出すDNAが何かの切っ掛けで組み込まれてしまった大腸菌が悪さする感染症の事です。

今まで赤痢と名が付くものの専売特許であった溶血毒であるベロ毒素を生み出すDNAが、何故組み込まれる要素がない大腸菌に組み込まれてしまったかは未だに不明です。まあ、人類の大腸菌を使った遺伝子操作技術の度が過ぎて、運悪く組み込まれる要素が出来てしまった大腸菌に、赤痢菌等からベロ毒素を産出するDNAを頂いてしまったウイルスが取り憑いた事からだと云われています。

確か事の始まりはアメ公本土からです。世界で最初のO157食中毒事件が発生します。アメ公は何事も先進性が有る様に見えますが、意外と後進国のあれよりも遙かに下の場合が多々有るのです。そう、あらゆる安全性の面で大きく欠けている様な事が意外と多いのです。細菌を扱う諸機関等からのいかがわしい類の間の抜けた垂れ流しが屡々有るのです。

大腸菌だから害を及ぼす事も有るまいと高を括っていたのも有ります。又、抑自然界に始めから嗚呼云った大腸菌が存在していて、色々な要素で人類の細菌に対する抵抗性が弱まった為に、流行へ繋がったと云う説も有ります。一般的には後者の方を支持している場合が多そうです。

兎角、O157は未だに大活躍です。根絶にはまだまだ先です。赤痢等は上手い事押さえ込んでいますが、O157は違います。大腸菌だから故なのです。発症に至らないO157保菌者は意外と多いのです。嗚呼云った方々の存在が未だにO157食中毒が絶えない理由です。O157と云う奴は面白いもので、気紛れで強毒性に移行する場合が屡々です。偶発的散発的に起きる理由もそう云う事なのです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/946-87411f5c

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。