まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたがたたいてくれたから・・・。

前代未聞のドタバタ劇 「ぶって姫」新党参加一日で撤回
8月29日20時15分配信 J-CASTニュース

 民主党に離党届けを2008年8月28日に出した「ぶって姫」こと姫井由美子参院議員(49)が、翌日の08年8月29日夕、突然、離党を撤回した。「有権者を裏切ることになる」というのが理由だそうだが、あまりのドタバタ劇に有権者もしらけ気味だ。不倫騒動などのスキャンダル続きで、党内の居場所が無くなっていたとされる姫井議員、今後もいばらの道が続きそうだ。

■姫井議員を除く4人は自民党に縁があった

 民主党に08年8月28日、離党届けを出したのは姫井議員のほかに比例代表選出の渡辺秀央元郵政相(74)と大江康弘参院議員(54)だった。無所属の荒井広幸参院議員(50)、松下新平参議院議員(42)の5人で新党「改革クラブ」を旗揚げするためだ。

 「小沢チルドレン」の代表格だった姫井議員の離党は驚きで、翌日のマスコミ報道はこぞってこの話題を取り上げた。08年8月29日放送のTBS系情報番組「朝ズバ!」に出演した元宮城県知事の浅野史郎慶応大学教授は、離党届けを出した3人はもっと早く離党するはずで、たまたまこの時期になった、と明かしたうえで、

  「そもそも今までよく我慢して3人は(民主党に)いたな、という人ではあった。(民主党は)3人(党から)出せと言われれば、この3人を出したでしょう」

と語り、離党するのは自然だと説明した。同番組に出演した松尾秀哉TBS解説委員は、渡辺、大江両議院について、

  「離党予備軍。自民党別部隊と言われていた存在」

 だったとしている。

 姫井議員を除く4人は自民党に縁があった。「改革クラブ」自体も「自民党の別部隊」とも囁かれている。そうした中で姫井議員はなぜ、「改革クラブ」に加わったのかの議論が交わされた。テレビ朝日系情報番組「ワイド!スクランブル」に出演した川村晃司テレビ朝日解説委員は、新党の旗揚げはもともとこの4人で話し合われていたのだが、政党助成金の関連で党員は最低5人必要だった、と指摘する。そこで白羽の矢が立ったのが姫井議員。プライベートに問題が多く、結果的に民主党岡山県連副代表を辞任、民主党内での孤立が囁かれていた。また、姫井議員が誘いを受けた背景として、

  「自分の後ろ盾として、同じ出身の平沼(赳夫衆議院議員)さんに近寄り、『平沼新党』に合流したい、という思惑がある」

と川村解説委員は推測していた。

■支持してくれた有権者への裏切り行為

 姫井議員は民主党で孤立し、有権者からの支持も低下したのか。地元紙・山陽新聞を見てみると、

  「(男性関系のスキャンダルで)本人に聞き取り調査を(民主党岡山県連が)実施。姫井氏が特定のメディアを選別してインタビューに応じていることなどが、有権者らから恣意的かつ不十分と受け止められており、県連と県民との信頼関係への配慮を欠いていると(同県連が)判断した」(07年11月12日付け)

  「(岡山県連)非公開の常任幹事会で、姫井由美子参院議員が昨年末に告白本を出版したことについて議論。『党員としての資格、身分を問う意見が多数あった』(津村啓介代表)ため紛糾した」(08年1月8日付け)

  「岡山市内の女性らによる有権者の会(事務局・岡山市西長瀬)が昨年十月から署名活動をスタート。辞職を求める署名は既に三万二千人分以上集まったとされる」(08年2月2日付け)

など四面楚歌のような状態だ。

 ただし、民主党本部、民主党岡山県連共に、姫井議員の離党は、党との関係が悪くなったのが原因という報道を全面否定していた。それではどうして離党するのかを民主党岡山県連副幹事長の一井暁子県会議員にJ-CASTニュースが取材したところ、

  「離党の原因については理解できないし、私たちに理解できる理由があるとは思えない」

という答えだった。そして、

  「民主党公認で選挙に出たわけですから、有権者から(姫井議員に)裏切られたという声も出てくると思いますし、私たちも(姫井議員の)裏切りだと思っています。私たちの立場からすれば、県連としてお詫びをするしかありません」

と話していいた。

 それが一転、姫井議員は08年8月29日に行われた「改革クラブ」の旗揚げの記者会見を欠席。新党代表になる渡辺議員は記者会見席上で、

  「(姫井議員の)気持ちが変わったということはない。心配してない」

などと話していた。その後民主党本部で緊急記者会見が行われ、姫井議員は菅代表代行、鳩山幹事長に伴われ出席。「新党は自民党による民主党の切り崩しのために作られた党で、新党への参加は『自民党に対抗する民主党の候補として、私を支持してくれた有権者への裏切り行為だ』との指摘も受けた」などと発言。党に留まることを決めたのだという。


【姫乱心ドキュメント】美容院?いや捜索願だ!…“血判”も一夜で水に
8月29日22時9分配信 産経新聞

 新党「改革クラブ」(渡辺秀央代表)へ参加をドタキャンし、一転、民主党に残留することになった姫井由美子参院議員。新党側は「民主党による圧力を強く批判する」(改革クラブ声明)と反発するが、民主党が菅直人代表代行らの説得で巻き返した形だ。「姫、変心、乱心」の24時間ドキュメント。さすがの永田町関係者もあいた口がふさがらない!?

 29日午後3時、国会近くの憲政記念館での「改革クラブ」の結党記者会見に出た記者団は首をひねった。話題の中心だった姫井氏が姿を見せず、財務・党紀委員長、女性局長の肩書が記された姫井氏の席は最後まで空席だった。

 渡辺氏は記者団に、意外な説明を始めた。

 「姫井さんは(会見のため)美容院の方をホテルに呼んでいたが、お見えにならなかった。どうなっているのか。私たちは一昨日とさきおとといに署名し捺印(なついん)した。血判と同じだ。信頼は揺らいでいない」

 だが、そのころすでに姫井氏は民主党の説得に応じていたのだ。

 渡辺氏や姫井氏ら新党メンバーは28日夜、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで食事をしながら会見の打ち合わせを続けた。29日午前零時ごろに会合を終え、姫井氏はタクシーでホテルを後にした。これが新党側が姫井氏と接触した最後だった。29日朝から連絡が取れなくなったのだ。

 午前10時、姫井氏は地元岡山の秘書に電話した。

 「菅さんから『(結党の)会見に出るな』といわれて困ってるのよ」

 秘書はあわてて東京の渡辺氏らに連絡。渡辺氏らが姫井氏の携帯電話を鳴らしても連絡が取れなかった。

 「今まで、携帯したら一発で返ってきたのに…」

 渡辺氏らは悪い予感を抱いたまま、結党会見に臨み、その後、警察に姫井氏の捜索願まで出した。

 一方、民主党も必死だった。党の方針に再三造反してきた渡辺、大江両氏の離党は想定内だったが、姫井氏の離党は不意打ちだったからだ。自民党側が放言したように「離党の第2弾」があれば大打撃になる。

 姫井氏は硬い表情で、午後6時半から、民主党本部で記者会見した。白いスーツ姿ながら髪はぼさぼさ。「有権者や民主党関係者に迷惑をかけ、心からおわびしたい。深く反省している」と語ったが、記者団からは「説明がつくのか」と厳しい質問が飛んだ。

 会見場では菅氏や輿石東参院議員会長、鳩山由紀夫幹事長が疲れきった表情で見守った。会見が終わったとたん、鳩山氏は初めて笑顔を見せた。

 菅氏は記者団に「今朝、姫井さんから電話があった。午後に輿石さん、鳩山さんも交え、4人で話し合った。私は『普通の見方では自民党が民主党から引き抜いたように見える』と言ったんだ」と語り、説得の一端を明らかにした。

 姫井氏の離党を歓迎していた政府高官は「(テレビの会見中継を)30~40秒だけ見たけどばからしくなって消したよ。あんな人と政治をやらないといけない人はかわいそうだね。支持者も砂をかむ思いでしょ」と述べ、肩をすくめた。

 (民主党取材班)


其の儘すんなりと行くかと思いましたが、最後にとんでもないオチが待っていました。巷では大爆笑ものです。ええ、全てに於いてです。自由民主党も、民主党も、党を新たに立ち上げた改革クラブも、ぶってぶっても、全て何らかの傷を負った形となりました。実に、真の勝者が全く居ない不思議な茶番劇となってしまいました。

全て敗者とは、転じて、この国の将来を暗示しているかの様です。そう、この先の見通しが悪いと云う事です。平成大不況第二ラウンドに本格突入してしまった今、どうやってもいい事が全く無いと云う事でも有ります。それにしても、ぶってぶって、相当に押しに弱い質の様です。皮肉にも、例の不倫相手がほざいた様に、真性のM女である事が証明された形となってしまいました。

まあ、こんな下らない事は此処までにしておいて、ぶってぶってがあれだけ浅墓な言動を取ってしまった以上、果たして居場所は有るのでしょうか。残った方が茨な感じがするのは気の所為でしょうか。向こうに行った方が幸せだったような気がしたのは気の所為だったのでしょうか。面子も有りましょうが、党利党略の大事な一つの駒としての懐柔に走った嫌いが窺えます。

二番目の引用記事の最後の辺りに出てくる政府高官が気になります。多分に彼奴だろうと思います。通常は内閣官房副長官を指しますが、この場合は件の茶番劇の立役者を指します。そう、ぶってぶってと同様に浅墓な野郎です。尻に火が付いてしまった誠一と同様な性根を持っている人物です。実名は挙げませんが、貴方の脳裏に浮かんだ人物で。略間違い無いものと思われます。

あんな茶番劇を演じてしまった以上、自由民主党が期待している第二弾は潰えたと云っても過言有りません。抑、ぶってぶってを選んだのが間違いの元だったのです。選ぶのなら、あの馬鹿野郎を選ぶべきでした。さくらパパです。あの野郎も、ぶってぶってと同様、民主党内では安住すべき居場所は有りません。いや、余りにも馬鹿過ぎて、消去法にて、ぶってぶってしかなかったのかも知れません。正に、お馬鹿は身を助くです。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/947-a81c9f21

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。