まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/06 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おどるバカに、おどらされるバカ・・・。

選挙に勝たないための戦術
2008年9月25日 The Commons

 選挙に勝つために選ばれた麻生総理が選挙に勝たないための組閣を行った。難問山積の現状ではこれ以上自民党が政権を担う事は難しいので、ここは民主党にいったん政権を明け渡し、自民党は野党になって民主党を攻める方が得策だと戦術を転換した。そうとしか思えない組閣人事が発表された。
 
 いやそうではない、本気で選挙に勝つための布陣を敷いたのだと言うのなら、麻生氏には権力者の資質がない。人事は最高の権力行為である。人事を見れば恐ろしいほどその人物の資質・器量が見えてくる。安倍元総理にも感じたことだが麻生氏は権力者になりきれないまま総理を終えるのではないかと思える。しかし表では選挙に勝つと言いながら本当は選挙に負けるために仕組んだというのなら話は別である。皮肉でも何でもなく、それなら麻生氏は歴史に残る権力者になる可能性がある。
 
 今回の組閣には、現在の難局を乗り切るために自民党の隅々にまで目配りし、日本の課題に正面から立ち向かおうとする意欲が見えない。自民党という大組織の中で傍流に居続けた人物に突然光が当たったため、これまでの鬱憤を晴らすかのようにひたすら我流を貫いた。そんな感じを抱かせる。これまであまり見た事のない人事である。
 
 麻生氏が置かれた立場は、自らの派閥が弱小で最大派閥の支援を受けなければ1日たりとも政権運営ができないという意味で第一次中曽根内閣と良く似ている。中曽根内閣は田中角栄氏の支援なくしては何も出来なかった。その中曽根総理は最初にどのような組閣を行ったか。閣僚の6ポストを田中派に、田中派と同盟関係にある鈴木派に4ポスト、田中派に対抗する反主流派には福田派に3、河本派と中川グループにそれぞれ1ポストを与えた。主流対反主流が2対1の割合である。そして自らの派閥は2に抑えた。その上で対立する田中派と福田派から次代のリーダーを大蔵大臣と外務大臣に据え、さらに霞が関を押さえるため官房長官に田中派の後藤田正晴氏を起用した。角栄氏の影響下にありながら自民党全体に目配りをし、次の時代を見据え、官僚対策もしっかり講じ、さらには将来の田中角栄氏からの脱却をも意図した人事配置である。
 
 麻生氏は森元総理を後ろ盾にするしか政権運営は出来ない。森元総理の意向を組み入れながら、複雑な内部事情を抱える第二派閥の津島派、さらには自らとは距離のある古賀派にも気を使わなければならない。派閥政治の時代ではないと言っても、党内力学を正しく認識し、今後の自民党をどうするのかを考えずにリーダーは務まらない。また組閣によって自らの目指す政治がどのようなものかを周囲に分からせる必要もある。ところが今回の組閣にはそうした人事の基本部分が全く感じられないのである。
 
メディアには不評だったが、一ヶ月前の福田改造内閣は意図するところが極めて明瞭であった。2,3もたついた部分はあるが全体として意欲を感じさせる人事であった。サプライズにばかり注目するメディアの人事観は政治を理解する事とは無縁なので、メディアの評価は一切無視するしかないのだが、とにかく前回の福田人事はメディアの評価とは裏腹に私には納得ができた。しかし今回の麻生人事は全く理解不能である。目に付くのは親しい文教族が能力とは無関係に大臣ポストにばら撒かれ、さらには政界のボスにゴマをすったとしか思えない配置があちこちに見られる。これでは権力者の威令は行き届かない。
 
 今回の組閣で真っ先に連想したのは安倍政権の「お友達内閣」である。閣僚には麻生氏と安倍氏の「共通のお友達」がやたら多い。さらに二橋官房副長官を退任させて漆間前警察庁長官を官房副長官に起用した人事が決定打である。漆間氏は安倍政権で官房副長官に就任するはずだったが、安倍氏の政権投げ出しでふいになった。そのため既に退官をして民間に天下りしていた。その人物を麻生氏は再び引っ張り出した。安倍氏が果たせなかった約束を代わりに実行してみせた。うるわしい友情物語と言うべきか、或いは私的に過ぎると言うべきか。とにかく我々が見せられているのは安倍麻生(AA)「お友達内閣」なのである。
 
 官房長官は内閣の要である。スポークスマンであると同時に霞が関を統括する。河村建夫氏は誠実な人柄で人望もあるが官房長官のタイプかと言われれば首をひねりたくなる。もっと他に能力を発揮するポストがあったのではないかと本人のためにも心配になる。それよりも前任者の町村信孝氏が幹事長にもなれず無役になった事が気にかかる。それでなくとも厳しい選挙が益々不利になるのではないか。同じ事は伊吹文明氏にも言える。財務大臣を外されて無役になった。後任には同じ派閥の中川昭一氏が起用され、しかも金融大臣まで兼務させられる重用ぶりである。派閥の長である伊吹氏が面白いはずはない。党内に不満がくすぶり、マグマのように溜まっていく可能性がある。
 
 町村派、伊吹派のみならず、津島派、山崎派、古賀派などの会長はみな今度の選挙が厳しい。当選確実な派閥の長は高村正彦氏と二階経済産業大臣ぐらいだが、二階派はメンバーが全滅して派閥が消滅する可能性もある。派閥の長が軒並み落選という事にでもなれば、自民党の衰退が満天下にさらされる事になる。選挙が危ない派閥のリーダーを全員入閣させて、いくらかでも選挙を有利にしてやれば、麻生氏は「義理と人情」を感じさせたと思うのだが。この人事では「義理と人情」よりも「お友達」が優先された。
 
 今回の人事のもう1つの特徴は自民党内の小泉支持派が見事に一掃された事である。もはや自民党の中には小泉政治が座る場所はないようだ。小泉純一郎氏の権力は総裁選挙によって地に堕ちた。前々回のコラムで民主党の小沢代表は東京12区の太田公明党代表と戦うよりも、神奈川11区で小泉純一郎氏と戦うべきだと書いたが、小泉氏が権力の座から滑り落ちた以上もはやその必要はない。自民党の菅選挙対策副委員長が提唱しているように、麻生総理と小沢代表が直接対決する事が次の総選挙にもっともふさわしい。公明党の太田代表には東京12区からどこか他に移ってもらい、東京12区で麻生対小沢決戦を実現してもらいたい。それこそがこの国の閉塞感を打ち破り日本の政治を再生させる早道である。
(田中良紹)


思えば、先の内閣組閣人事であの誠一を強く推薦したのは太郎でした。そんな太郎が気分で組閣人事をすれば、結果は見るまでもないです。いや、結果云々を語る前に、何処ぞの大臣が舌禍を引き起こしてしまいました。

まあ、良識有る我々一般庶民が頭の中で思っていた事を代弁した様なものです。只、明白に云うてはならぬ類なので、皆さん、敢えて黙っているだけです。そんな中で何処ぞの大臣は、失言と云うか、太郎の真似事をしてついうっかりとやってしまった感です。

引用記事の指摘する内閣の顔触れに太郎の優しさが溢れています。いや、優しいでは無いですね。内に対する気配りの様なものです。無能な古老連中に無配慮を決め込み、無能の烙印すら押されていない若輩連中を積極登用する事で新しい形の自由民主党をアピールしたのかも知れません。

惜しむらくは、余りの人材難であんな連中しか選択出来なかった事です。少しでもまともな連中を探し回って・・・嗚呼云った顔触れになってしまったかの様です。同じ事は民主党党内にも云えます。面倒臭いので、これ以後は平たく語ります。そう、馬鹿な連中が多過ぎるのです。

馬鹿が巷にてまともに探しても、結局馬鹿しか選びません。自分より頭のいい奴を選ぶ訳が無いのです。だから人気だけのパープリンが次々と選ばれていた訳です。世間の常識が永田町の常識と云う譬えが何となく理解出来ます。馬鹿がやっていたから、嗚呼云った非常識が罷り通る訳です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/971-4126027d

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。