まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/08 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たろうのしじだったりして・・・。

【国交相辞任】辞任会見一問一答(1)「身がひきちぎられる思い」
9月28日13時45分配信 産経新聞

 28日に辞任した中山成彬国土交通相は同日午前、国交省内で会見し、辞任を決意するに至った経緯や心境を述べた。一問一答は以下の通り。

     ◇

 本日9時半に官邸に行き、総理に辞表を提出し受理された。これまでたくさんの方から「よく言ってくれた」「がんばれ」「辞めるな」という山のようなメールをいただき、電話が深夜まで鳴り続けた。

 私自身も重要ポストに就けていただき、道路行政や観光立国、海洋政策とやりたいことがいっぱいあり意欲を燃やしていたが、国土交通相の域を越え、他省庁(文部科学省)の所管にまで言及してしまった。国難というべき経済危機の中、たくさんのかたが困っていらっしゃり、なにより私がいることで、明日からの臨時国会で緊急経済対策、補正予算の審議にいささかの支障があるとすれば本位ではない。たくさんの人々が困っている姿を目の当たりにしてきたので、補正予算などの審議をスムーズにしていただくため、身を引く決意をした。

 私の国交相就任を喜んでくれた地元の方々のことを思えば身が引きちぎられる思いだ。地方の道路整備は国交省の皆さんにお願いし、基幹道路は1日も早く完成するよう求めていきたい。

 --辞任の理由は、国会審議への影響を考えてか

 「はい」

 --国民に迷惑をかけたという理由ではない?

 「発言で迷惑をおかけした方々がいらっしゃったことはこの前も陳謝した。今回の辞任の理由は、(現在の経済情勢で)困っている国民がたくさんいるのに、国会審議が滞るのは耐えられないという思いだ」

 --麻生内閣や衆院選への影響は

 「そのことが一番の心配。もしそういうことがあれば万死に値する。私自身が、さまざまな場所で国民の皆様にご理解を求める運動をしていきたい」

 --25日のインタビュー後、成田空港、単一民族、日教組の3つの発言ついて撤回した。しかし昨日は記者団に対し、日教組に関する発言は撤回していないとおっしゃった。

 「最初の2つについては国交相としての発言で撤回した。日教組については、国交省の建物内で発言したことは撤回したが、政治家・中山成彬としては撤回していない」

 --公人の立場と私人の立場の違いか?

 「というより、国交相と、政治家・中山成彬の区別だ」

 --日教組については、迷惑をかけたとはいえないのか

 「全国の先生方は、ほとんどが一生懸命、子供のことを考え、自分の身を犠牲にして向き合っている。私自身も小、中、高と素晴らしい先生に育てていただいた。それもあって今日までやってこれ、感謝している。教員の待遇改善、子供と向き合う時間を確保するための施策も私はこれまで率先してやってきた」

 「問題は、ごく一部、過激な分子がいることだ。だから昨日の解体せよという発言になった。まじめに子供に向きあっている先生方と違い、政治的に、子供たちをだめにして、日本をだめにしようという闘争方針のもとに活動している方々がいる。それが日本をだめにしているのではないかと私は思っている」

 --日教組が強いところが学力が低いと発言されたのは正しいのか

 「ちゃんとした授業ができているのかなというのがあったが、授業より政治活動に力を入れているところがあるのも事実。学力だけでなく、日教組の強いところは国旗も掲げていないとか、過激な性教育とか、道徳教育に反対しているとか、信じられない。日本の世相をみると、道義をわきまえた子供たちを育てていくことが必要。学力、体力、気力、道徳性を身につけた活力ある若者をたくさん輩出することが、日本を繁栄させる道だと思う。これから日本に生きる子供が幸せな充実した人生を送ってほしい。先生方に協力をお願いしたい」

 --そうではなく、日教組が強いところが学力が低いと発言されたことについてだ

 「おおむねそうだとおもうが、日教組についての話は、ここでは場違いだと思うので、また別のところで大いに議論しましょう」

 --そういう考えはおもちということですね

 「そうです」

 --それを明らかにするために学力調査を始めたとも言われたが、それも撤回しないということか

 「教えたことが子供の身に付いているのかをみながら、授業方法を改善していくことも大事だと思う」

 --結論からすると撤回されない

 「(うなずく)」

--辞任はいつ決意

 「辞任しなければと途中からは思ったが、夕べ、いろいろな方々と相談し家内にも相談した。最終的には自ら身を引く決断をした」

 --途中というのは、いつごろから

 「途中からですね」

 --金曜は国交省を出る前に、責任、職務をまっとうしていこうという決意で出ていかれたが、昨日、宮崎でああいう発言があった。どういう心境の変化があったのか

 「本当に悩みました。国交相としての仕事もしたいなあと。地元の方々のことを考えると胸の張り裂ける思いだったが、政治家・中山成彬として、何が日本をだめにしているのかということを伝えることも、政治家の責務だろうと考えたときに決断した」

 --25日のインタビューで日本人は外国人を好まない、望まない、あるいは内向きであるというご認識を示されたが、その認識は変化があるのか

 「日本列島という離れたところで、あまり外国と交流がなかった。だからそういう国民性になったのかなと。それではいかん、外に開かれた国民性に変わっていかなければならんと、そういう思いを申し上げた」

【国交相辞任】会見一問一答(2)「職を賭しても子供を大事に」
9月28日14時50分配信 産経新聞

 --総理とのやりとりは

 「総理には、せっかくこのような重要ポストにつけていただいたのに、職責をまっとうできず申し訳ないと申し上げた。国交相としてやりたいことはあったが、国民の待っている補正予算、緊急経済対策、これを早く上げていただきたい。そのためには身を引かなければならないんじゃないかと思いますと、そう申し上げた」


 --総理からは

 「総理は黙って聞いておられた。ひとこと最後に『まことに残念』と言われまして、万感の思いがこもっていると感じた」


 --成田拡張の遅れについては今、どう思っているか

 「昭和41年に国が一方的に決めたことが発端だと思っている。ボタンの掛け違いというか。それで賛成派、反対派のさまざまな人が入ってきて、大変な思いをして今日まできた。しかし、今、空港とともに千葉県が共生して発展していこうと、心を合わせてがんばっていると、そう認識している」


 --成田にしろ人権にしろ、問題がこれだけ先鋭化したのは日本の戦後教育で一部の左派思想が広がったという考えはないか

 「違う。(成田、単一民の発言を)撤回したのは、大臣としてもそうだが、政治家としても言葉足らず、真意が伝わっていないと思ったから撤回した」


 --一部の過激分子のために問題が複雑化したという思いは

 「さまざまな考えがあるんでしょうが、そうは思っていません」


 --日教組の発言は大分県にとって侮辱的と思わないか

 「侮辱的というか、子供のことを考えると、しっかりした学力、道徳、体力を身につけてもらい、社会に送り出してあげたいと常々思っている。今回の発言は子供の教育を考えるきっかけになればと思う」


 --そうでなく、大臣の発言を聞いた大分県の人はどう思うか

 「大分を名指しにしたことは申し訳なかった思う」


 --日教組の部分は、政治家として、発言全体を撤回していない?

 「(うなずく)」


 --日教組の発言は失言ではないのか

 「その通りです」


 --いったん、日教組に関する発言を撤回しているが、うそだったのか

 「そうではない。国交省の中で言ったことを撤回したということだ」


 --混乱が予測できたはずのに、なぜ宮崎でまた発言したのか

 「確信的にあえて申し上げました」


 --閣僚の責務より、一政治家としての発言の方が大事だったのか

 「だからこうして辞任を決心した。超えれはいけないところまで発言したという深い反省もあった」


 --宮崎での発言のときはやめる覚悟だったと

 「(うなずく)」


 --なぜそこまでこだわったか

 「重要な問題だからです。今までほとんど国民の皆さんは知らなかったんですけど、なぜこういうふうにゆがんだ教育が行われているかということに、国民の感心を引きたかった」


 --国交相の責務は頭になかったのか

 「ありました。国交相として、美しいふるさと、安心、安全な国土を子や孫に受け継いでいくことが、国交相の職務と申し上げたが、そこに住む子供のことを考えれば、しっかり教育を受けた子供が日本で幸せにいい人生を送ってほしい。そういう意味からは国土づくりと国づくりは一体のものではないかと、そういう信念から申し上げた。決して違うカテゴリーではない。いずれも、日本の国土に住む人々が、幸せないい人生を送れるように、国土づくりと国づくりは一体としたものでならないという信念がある」


 --自分で国交相ポストを手放した。やっぱり軽いのではないか

 「このポストを軽いとは思っていない。拝命したとき、ありがたいことだと思った」


 --金曜夕方には職務を続けたいと話した。しかし、地元では、ああいう確信的な発言。他から圧力があったのでは

 「まったくそういくことはありません」


 --自民党から辞職をうながす動きはあったのか

 「まったくありません」


 --続投に意欲を示していたのに、なぜ職を賭して日教組発言を再びしたのか

 「子供たちのことを考えた。私にも孫がいるが、いい人生を送ってもらうには、インフラだけでなく、学力、文化、伝統とか、そういったすべてのものを身につけた子供が活躍する日本であってほしい。そういう思いが勝ったとご理解いただきたい」


 --その子供たちに、たった数日で大臣をやめてしまう騒動をどう説明したらいいのか

 「中山大臣は、自分の職を賭してまで子供を大事にしたと言ってほしい」


 --一連の大臣の行動の、どこが子供を大事にしているのか

 「今の風潮はだれもいいとは思っていないと思う。さまざまな、わけのわからない事件が起こる。親の子殺し、子の親殺し、あるいは汚染米の販売、もうかりさえすれば毒の入った米でも売るという、そういう日本でいいのか。私はそこを憂えている」


 --それは、すべて日教組の一部の先生の責任か

 「教育全体の問題だったと思う。教育は学校の先生だけでない。地域のみんなで子育てしなければならない。私が育ったのは旧薩摩藩。近所の人からも厳しく指導された。祖父からは世の中のために働く人になれと言われ続けて育った」


 --発言は、国土交通行政に停滞を及ぼした

 「そのことについては、幹部に迷惑をおかけして申し訳ないと何度もおわびした」

【国交相辞任】会見一問一答(3)完「国民が教育に関心持つ機会になれば」
9月28日16時11分配信 産経新聞


 --ご自身の選挙、地元の選挙にも影響があると思うが

 「さまざまな影響はあると思うが、有権者に必死に訴え、もう一回、勝ち上がっていきたいと思う」

 --たとえば無所属として出るとか、そういう気持ちはないか

 「昨日、宮崎県連から宮崎一区の公認をいただいた。あくまで自民党員として戦いたい」

 --奥様には何かいわれたか

 「『辞任はしかたないわね。でもこれが日本の教育を考えるいいきっかけになればいいわね、前向きに考えましょう』と、言ってくれた」

 --「残念だ」という総理の言葉はどう思ったか

 「引き止めてもらいたいとは思わなかったし、総理の気持ちを考えれば、せっかく任命したのに何だ、という思いはあったと思う」

 --自民党の仲間に賛同を得ていると思うか

 「思う」

 --言いたいことを言いきってすっきりしたか

 「まだまだいいたいことはある。しかし、ここで潔く身を引くことが大事だと思った」

 --国交相に就任して職員を前に、職務についての決意表明をしたばかり。その後こうなったというのは理解できないが

 「私は今でもそういう気持ちでいる。公務員、財政、政治家、すべて国民に信頼されるものでないと、日本の国政が前に進めないと思っている。私が去った後も国交省はしっかりやってくれると思う」

 --総理の任命責任を指摘する声もあるが、それに対してどう思うか

 「私が答えられる筋ではない」

 --国民の関心をひきたく日教組発言をされたということだが、当初、就任を打診されていたという行革担当相になっても、そういう発言をしていたのか

 「それはわからない。しかし、皆さんの質問に対し、美しいふるさと、安心、安全な国土づくりをしていかなければならないと答えているうちに、ちゃんとした日本人を育てなければならないという気持ちが、ますます強くなった」

 --日教組に関連し、『政治的に子供をだめにして日本をだめにしようという方針で活動している』という発言があった。どういった活動を指しているのか

 「いろんな活動方針があるんですよ。いろいろみていますから、私は」

 --日教組の活動方針は、そういう考えのもとに定められているのか

 「そうです」

 --日教組は、組織としてだめなのか

 「組織としてだめでなく、組織内でも、一生懸命教育にがんばっている人もいる。しかし問題はごく一部。そういう人を切り離さなければならないと思っているということだ」

 --麻生政権への影響について、万死に値するとおっしゃったが

 「身の細る思いでいる」

 --文字通り受け取ると、議員辞職するともとれる

「そういうつもりはない。死にものぐるいで戦わなきゃならん、命がけだということ」

 --先ほどおっしゃった激励メールとは、日教組についての部分か

 「だいたいそうだ」

 --昨日、職を賭して日教組について発言されたが、補正予算審議の障害になったとしても、後悔はないか

 「そう思う」

 --25日のインタビューの発言は、しなければよかったと思わないか

 「時間的にも余裕がないなかで、十分思いが伝わらなかった。残念だ」

 --いや、むしろ日教組に関しては十分思いが伝わっている。大臣から出した話題だ。言わなければよかったと思わないか

 「複雑な思いだ」

 --教育への強いこだわりはわかるが、ここまで混乱を招いたことを考えると、少なくとも国交相の職は受けるべきではなかったのでは

 「やっぱり、受けるべきだったと思う。こういうことになったのは残念だが」

 --ボタンの掛け違いはどこだった

 「どうだったんでしょうかねえ」

 --行政の空白を招いたことについては

 「来年度予算について財務省と折衝しているし、観光庁も10月1日の発足にむけ人事構想その他を進めている。国土交通行政にそれほど空白ができるとは思っていない」

 --日教組の関係者と多忙を理由に会わなかった。なぜか

 「国交省内ではまずいと思った。管轄外だから。日教組発言は、国民が教育に関心を持ついい機会になればいいと思っている。教育の問題、子供の未来に国民が関心をもっていただくきっかけになればいいと思う」

 --自分の選挙ではいい結果がでるか?

 「自分の選挙のことは考えていない。これから考えなければいけない」

 --発言は、自分の選挙を考えて繰り返したのでは

 「まったく違う。国交相であれば、半分、当選確実だったと思っている」

 --後任の国交相には、どう引き継ぎをするのか

 「引き継ぐほどのものがないのが残念。しかし、国交行政に関する私の熱意だけは、最低限、引き継いでいきたいと思う」


強い信念は賞賛に値しますが、敢えて回りくどく云えば、何となく浅墓な印象を醸し出しています。日本教職員組合に関しては、殆どが真っ当な発言である事は否定しません。現実に嗚呼云った面が有ったのは云うまでも無いのです。

然し乍ら、或る時期からの素晴しい教育システムを立ち上げたのは時の政権の気紛れからです。詰め込み教育で可笑しな状況になっているから、多々温くやってやろうと云う観点からです。当時のマスメディアの無責任な突き上げも影響しています。

一部だけを批判の対象にするのは、多少乍らお門違いなのです。当時の国運営に携わっていた連中全てに責任が有るのです。マスメディアの煽りに釣られて一緒に突き上げた当時の国民にも非が少なからず有った事も付け加えておきます。

今回の顛末で、ネット上の国士擬きが熱狂しています。大体が引用記事にも有った様に、賛同の念で占められています。然し、マスメディアは嗚呼云った国士擬きの声を取り上げようともしません。国民の声の代表として、洗脳された輩に依る批判の声で埋め尽くされています。

何処に第三権力の使命が有るのでしょう。腐敗仕切った偏向方針で聡い国民が騙せるとでも思っているのでしょうか。所詮、第一・第二権力に集っている寄生虫の存在に堕ち切っていますから、聞く耳すら存在していないのでしょう。この一点だけでも本当に日本は駄目になってしまった事が窺えます。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/972-31ee18e8

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。