まあ・・・ええんじゃない?

勝手気儘にだらけたお話しませう。








  • 2017/10 «
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • » 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あるないアルヨ・・・。

一体全体いつなの衆院選…みんなヤキモキ、困った!
10月4日23時45分配信 読売新聞

 衆院解散・総選挙の日程がなかなか決まらない。

 このまま走るか、いったん立ち止まるか--。選挙は早いと見込んで準備を進めてきた衆院議員や立候補予定者、地方自治体関係者らには困惑が広がっている。

 ◆候補者…とりあえず事務所開き◆

 「来るべき戦いに勝ち抜かせていただき、引き続き世界の金融・経済危機に勝ち抜く仕事をさせていただきたい」

 北海道11区の中川財務・金融相は4日、帯広市内に衆院選向けの事務所を開いた。「事務所開き」には約380人の支持者が詰めかけ、事務所の壁には麻生首相や橋本聖子参院議員らの「必勝」の為書(ためが)きが並んだ。

 ただ、陣営幹部は「さっき中川大臣も『解散はいつか分からないんだ』と言っていた」と苦笑する。「大臣は忙しいから、そう地元に帰って来られない。選挙日程がどうであれ、できるうちに事務所開きができて良かった」と語った。

 4日に事務所開きを行った愛知13区の民主党新人、大西健介氏は「選挙が12月以降にずれ込めば、事務所の賃料など経済的には苦しい」と漏らした。

 静岡3区の柳沢伯夫・前厚生労働相は「10月26日投票」を前提に、静岡県袋井市役所近くの空き店舗を10月末までの予定で借りた。その後、「11月2日」という報道があって、契約を11月上旬まで延ばした。

 投票日はもっと先になる可能性も出てきたが、店舗はコンビニへの建て替えが決まっていて契約をさらに延長するのは難しく、いったん事務所をたたむか、別の場所に移るか、選択を迫られているという。

 民主党の小沢代表は4日、埼玉8区の新人候補の事務所開きで、選挙の先送りムードで陣営が緩むのを警戒し、「総選挙は延ばしきれるものではない。1週間、2週間の違いはあっても、総選挙は必ず近く行われる」と引き締めを図った。

 ◆党本部…テレビCMいつ流す◆

 各党も、選挙用のテレビCMや政権公約(マニフェスト)の発表時期などを慎重に選んでいる。

 自民党と民主党は9月から、衆院選を意識して麻生首相と小沢代表をそれぞれ前面に出したテレビCMを流している。

 テレビCMには巨額の費用がかかるだけに、民主党は「状況によってはCMを流す量を減らし、解散の流れが強まれば改めて集中的に流すことも含めて検討する」(広報委員会)としている。一方の自民党は「選挙日程は、マスコミがいろいろ書いているだけ。解散は首相の専権事項なので、『粛々と対応する』としか言えない」(広報本部)。

 公明党は、2日に予定していた政権公約の発表を見送った。「経済対策など新たに積み上げが必要になった」(幹部)としているが、選挙日程をさらに見極めたいためとみられる。

 ◆自治体…開票所確保に奔走◆

 投開票の実務を担当する地方自治体も頭を悩ませている。最大の悩みの種は、開票所の確保だ。

 全国17の政令市に尋ねたところ、名古屋市は区役所内の施設を使うが、ほかの16市は、通常は市民に開放されている体育館などを開票所に充てる予定だ。選挙日程が報じられると、そのたびに施設の空き状況の確認や予約済みの団体などとの折衝に追われるという。

 担当者は、「国際会議などが入っていると、ずらしてもらうのはあきらめて、付近の中学、高校の体育館に切り替えるようにしている」(仙台市)「イベントを早めに終えてもらい、開票当日の夕方に突貫工事で開票所を設営するつもりだ」(新潟市)と苦労を語る。「日程が決まらないのに、『この日とこの日とこの日は選挙の可能性があるからどいてくれ』とは言えない」(横浜市)とぼやく声も。

 入場券や広報などの印刷、候補者のポスターを張る掲示板の制作・設置のタイミングも難しい。川崎市のように、「投票を呼びかける標語を入れておき、選挙期日が決まったらシールを張る」という工夫をしているところもあり、各自治体は懸命に知恵を絞っている。


本来ならば、衆議院はとっくに解散し、公示を待つだけの状態だった筈です。自決覚悟の強気が、一夜にして弱気に転じたのは、自由民主党独自調査結果が芳しくなかった点にあります。来るべき衆院選で悠々と勝てる人数が現有人数の内の六割程度しかないと云う結果です。

「確実に落ちるであろうが二割」で、「当落線上が二割」が残りの詳細です。当落線上の半分が生き残ったと仮定して、自由民主党が獲得する議席数は現有の七割しか取れない計算となります。これに基づけば、現有議席数が三百五議席ですから、二百十四位しか取れない事となります。

これに太郎やその取り巻きは愕然とします。やばいから取り敢えずはお茶を濁す事と決め込む作戦に切り替えました。何処ぞの大臣が舌禍を引き起こした事とアメ公発の第二次世界恐慌勃発等々、負の要因が重なった事も多分に影響しています。

本当にやばくなっています。年内なら兎も角、年越しも有り得る状況になっています。今後の事態の推移によっては、そのまま任期切れも有り得ます。この場合は政局で終始します。凄まじいまでの政治不信を生み出すかも知れません。庶民が切れて、各地で暴動が発生するかも知れません。

人心荒廃からの兇悪化も相当となりましょう。一人で数十人を殺っちゃう様な事件が数件起きるかも知れません。急速に全国がスラム化する凄まじいお国に変貌するかも知れないのです。数年かも知れません。一年も経たずになるかも知れません。堕ちて行く有り様をそのまま看過しますか?


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eenjanai.blog41.fc2.com/tb.php/978-3da834b7

 | HOME | 

広 告



PCのウイルス対策ならエフセキュアインターネットセキュリティ


最近の記事



広 告




ブログ内検索

Google


最近のコメント



最近のトラックバック


月別アーカイブ



RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


プロフィール

酔仙

Author:酔仙
昭和時代に生まれる。
今まで勝手気儘に生きてきた。
これからも勝手気儘で生きるであろう・・・。


サイト売買のサイトストック


あわせて読みたい


blogram投票ボタン


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター



現在の閲覧者数:


フィードメーター - まあ・・・ええんじゃない?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。